あっきのおしごとにっき。(北海道・札幌の学習塾AEP代表ブログ)

北海道内全域を対象にした学習塾、A EDUCATION PROJECT<エイ エデュケイション プロジェクト(AEP)>代表あっきのブログ。
塾の案内・北海道の教育ニュースから、この生まれ育った、大好きな北海道のいいところを紹介したり、僕自身の教育観を語ったり・・・
いろいろ盛りだくさんのブログです。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
また再開します。
 ブログの更新が1年ぶりになってしまいました。

A EDUCATION PROJECTはいつも通り営業していたのですが、
さらにとあるITサポート系のコールセンターの人材教育/事業所再構築
の仕事に関わることになりまして、1年間ブログの更新をお休みしており
ました。

そのお仕事も1年間で無事終わりまして、またこれを機会にブログを
再開させて頂こうと思っております。

現在のA EDUCATION PROJECTですが、麻生教室/AEPネット塾
共に授業を行っております。7月まで生徒募集を停止しておりましたが、
2010年8月より生徒募集を各コース再開しております。

また現在AEPでは事業再編に伴い、コース編成を一部2010年9月より
変更させて頂く予定です。HPについては現在改修作業中ですので
最新版アップデートまでしばらくお待ちください。

今後は学習塾事業に加えて、企業での人材教育や新規事業構築サポート、
事業再構築サポートなども事業に加わってまいります。特に人材教育では、
この1年間実際に進めてきた『ホスピタリティ・マインドの育成』を中心とした
『人財教育』を行わせて頂きたいと考えております。もし、興味がおありの方は
お問い合わせくださいませ。

後程コース再編に伴う入会キャンペーンを更新いたします。

また色々と綴ってまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
| あっき。 | あっき’sコラム | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
生徒の成長

生徒達の成長ってスゴイなって思う。

昔は30分が限界だ〜と言ってた生徒が、僕が何も言わなくても
休憩もせずに5時間、6時間勉強に集中している。僕がちょっと
ドリンクでも飲んでブレイクしようよと声を掛けるくらい。

彼にとっては勉強は自分のため。
誰かにやらされているものじゃない。
苦手な教科も得意な教科もそりゃある。
でも、毎日コツコツ頑張り続けている。

AEPでは、僕が時間割なんか決めなくても、生徒達は徐々に
自ら『自分のための学習』の計画を立てるようになる。

自分で決めたならその目標に向かって頑張ってみよう。
生徒達の決めた目標と言う骨組みを、こっそり手直しして
カタチを整えたり、その骨組みにどんな材料で、どんな方法
で肉付けをしていくかをアドバイスするのが僕の仕事だと
思っている。

こうしなさいとは言わない。
どうしたいとはいつも聞くけれど。

そのどうしたいを実現するためのきっかけは用意する。
ひとつじゃなくて、色々なパターンを用意して選んでもらう。
自分のためにやるんだから、自分がやりたいって思える
ものを選んで欲しいから。そういう意味では、僕自身も
もっともっと色々なきっかけを創造できる人間に成長して
いかなきゃいけないなと痛感している。

人生って道は、なかなか真っ直ぐにはならない。
くねくね曲がって、時には雨でぬかるむこともあれば、
霧で先が見えなくなることもある。でも、そんな時は
立ち止まってみたらいい。大きく息を吸い込んで周りを
見回したらいい。そんな場所にも、一生懸命勇気付けよう
と美しく咲き誇る花があるはず。その花のメッセージが
心に響いて、自然と動き出す日を待てばいい。

僕だって弱い人間。いつも悩み続ける。
僕の無力さを感じ、壁の高さに言葉が出ない。
責めても責めても言葉は尽きない葛藤の日々。

でも、今はそんな僕の非力さは認めてるから。
だからこそ、だったら今日、明日と積み重ねて
いくしかないじゃないかって思う。今の僕に
足りないと思うこと、1つずつ磨いていこう。
とりあえず登ってみよう、感じてみよう、
そしたら今の僕にできることが見えるんじゃないかって。

生徒にひとつひとつ頑張ってみよう。
そう言うなら僕自身がまずそうしなきゃ。
僕の思いはただそれだけ。

ということで、『もう先生も若くない』と言われる僕。
そりゃもう31ですもん。でもね、僕がもっと自信を
持って生きるって素晴らしいことだよって笑顔で言える
人間になっていきたい。

幸せは歩いてこない、だから歩いていくんだね。
1日1歩、3日で3歩、3歩進んで2歩下がる。

毎日いいことばかりじゃない。
でも、積み重ねた先には必ず光が射す。
また新しい景色が突然目の前に現れる。
自然と走り出したくなるような青空が。

僕はよくこんな言葉を言う。

止まない雨はない。
いつか必ず晴れる。

喜怒哀楽があるのが人生。
でも、頑張る人には、それだけ可能性が広がる。
失敗してもいい。その経験を糧にして磨いたらいい。

僕と言う人間の生き方を見て、できる限り頑張ってみようと
今の自分と向き合う生徒達。先生の生徒だものと笑って
頑張っている生徒達に、何より僕自身も励まされている。
もっともっと、子供達のチカラになるものを創っていきたい。

生徒達の成長を見るたびにその思いが強くなっているんです。
| あっき。 | あっき’sコラム | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
『学びたい』の入口を探す。
JUGEMテーマ:学問・学校

 僕が生徒達と一緒に勉強していく中で、大切にしていることの
ひとつに、生徒自身が『この勉強ならちょっとやってみたいかも』
と感じる入口を探り当てることがあります。

学習というのは継続的に取り組む必要があるもの。『学ぶ』という
ことに終わりはなくて、生きているってことは『学び』続けるでも
あると僕自身は考えています。

ただ、教科書の勉強というのは子供達にとっては単調でつまら
ないものに感じてしまうかもしれない。大抵大人になってその
いくつかが実際に必要になったときに『勉強しとけば・・・』なんて
思うこともあるかもしれませんが、子供達はなかなか学校の
勉強以外でその知識を使う場所がないので、ただ『学び』続ける
というのは退屈なことに感じて、飽きてしまっても不思議では
ありません。

だからまずは『学ぶ』ということが『退屈』『飽きる』ものじゃ
なくて、『楽しくて』『無限に広がる』ものであることを感じる
きっかけとなる入口を、それぞれの子供達の価値観に合わ
せて探していきます。ただ教科書通りにやっていたらその
入口は見つからないかもしれません。その知識を生活の
中で具体的に使っている例をあげてみたり、他の教科との
関わりを感じる学習を組み入れて複合的に学習する機会
を作ってみたり。知識を知り、それを使う機会をいくつも
作ってみてもらうことで、『この勉強ならちょっとやってみたい
かも』という入口を探り、そこから少しずつカーテンを開いて
視野を広げていき、それぞれの価値観に基づいて自分なり
の学ぶ楽しさを見つけていくことができるようにサポートする
ことが僕の大切な仕事だと思っています。

そして学ぶ楽しさを少しずつ広げ、学ぶことに対して少し
ずつ加速がついてくると必ず結果に結びついて、自信に
つながり、次は自然と子供達が目標を立て始めます。
今度はその目標を実現する方法を一緒に考え、その
トレーニングメニューを考えるのが僕の仕事になります。

目標を作り、それをクリアしてまた次の目標が出来て。
そう繰り返していく中で、子供達は次第に『学ぶ目的』を
自分なりに積み上げていくようになります。知識を知る
楽しさを知り、それを使う楽しさを知り、知識と知識が
つながってさらに新しい視野を広げていく楽しさを感じ
ていくと、苦労をすることがあったり、壁にぶつかっても
諦めずに頑張る気持ちがとっても強くなっていきます。

苦労や壁をうまく乗り越えるヒントや道具を生み出して
生徒に使ってみるかい?とオファーを出すのもまた僕の
仕事。もう目的を考える段階まで来ている生徒達には
使うか使わないかはすべて任せる。あくまで僕はアドバイザー。
だって、もう自ら道を切り拓くチャレンジをしているので
すから、何を学ぶか、何を優先するかはきちんと本人
が選択できる力を持っていますからね。

もちろん、学校の定期試験や入試に向けて短期的に
結果を出す指導法もあります。結果というものは、自信
にもつながりますし、入口を広げることにもなるので、
その方法で生徒達と学習を進めることももちろんあり
ます。ただ、最終的に目指すのは、生徒達自身が自分の
ために『学ぶんだ』という意思を育てることです。その
意思があれば、『学び』続ける意義が学ぶ力を引き出し
て、必ず結果に結びついていきます。そして、大人に
なっても、人生の中で壁にぶつかったときに、この
育てた力を応用して道を切り拓くことができると信じて
います。

AEPでは、学ぶ目的にあわせたたくさんのコース設定
を用意しています。ただ、実際は生徒の学びたいと思う
こと、ペースや必要に合わせて複数のコースを組み合わせ
て学習してもらっているケースが多くあります。基本コース
で学習しながら目的別コースの学習の要素を取り入れた
り様々です。その他ご家庭で負担できる月々の経済的負担
のご希望もあると思います。そのご希望と生徒の希望とを
聞いた上で、自習教室なども活用して生徒の学びたいと
いう意欲に応えるコース設定をしています。ですので『学ぶ』
意欲がなかなか湧かないって生徒さんがいれば、1度AEP
で勉強してみませんか?責任を持ってお手伝いします。

AEPは教室個別は札幌・麻生教室、ネット塾は北海道内
全域、実際に私が出向いて塾を開講するスタイルも北海道
内を対象にして行っています。

ということで、AEPで生徒達と学習していく上で大切にしている
ことのひとつを書いてみました。





| あっき。 | あっき’sコラム | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
I do my best.〜あっき’s コラム〜
JUGEMテーマ:日記・一般

僕自身は、このAEP代表ブログのほかに、昔からプライベートブログ
を書いています。そちらは完全な『日記』。僕の思っていることや考えている
ことを、ネットのブログに綴って、またそれを画面を通して読んでみる、その
繰り返しは僕にとってはとても大切な時間。心と向き合うひとときです。

これから月に1度ほど、そんな日記から僕の今の思いを綴った言葉を
このブログにも掲載していこうと思います。もしよかったら読んでやって
ください。

〜I do my best.〜

I do my best.

『僕の今できるベストでやってみよう。』

僕はそんな解釈で、『座右の銘』と聞かれたらこの言葉を
中学生の頃から書いている。

どんなことでも、どんなときにも、どんな場所でも。
そのときの僕にできるベストを尽くしてまずはやってみよう。
そのときの僕で考えられることはすべて考えて、その中で
今一番ベストだと思えることを、まずは頑張ってみようよ。
そんなに思うようにはいかない。だから、思うように進まなくて
ちょっとため息が出たり、結局うまくいかなくて落ち込んだり。
でも、その一生懸命考えて、その瞬間の僕にできることを
すべてやった結果だとしたら、後悔は残らないだろうし、
その結果は間違いなく僕を1歩踏み出させてくれる。
僕はそう思う。そして、その思いはその繰り返しの中で
強くなってきている。

僕にはない感性や才能を輝かせて活躍している人は
たくさんいる。逆に、僕も僕の感性を持っていて、僕だから、
僕が今まで歩いてきた人生があるからこそ、磨いてきたり
身に付けてきたりしたものをもってる。僕にない感性や
才能を見ると、スゴイなぁ、もっと僕も頑張って自分自身を
磨いて成長していかなきゃ、いつの間にかそんな風に
思うようになった僕がいる。

昔は、素晴らしい感性や才能に出会うと、どうして僕は、
なんて落ち込んだりもした。そんな積み重ねも、僕が僕
自身を好きになれなかった理由のひとつかもしれない。
でも、色々な失敗があって、色々な出会いがあって、
色々な時間が流れて、僕がわかったこと。

僕は僕だってこと。
僕は僕らしく行こうよ。
素直に心のままに行こう。
僕には僕の中で育ってきた感性があるじゃない。
その感性を大切に、ありのままの僕で行こう。

その心が、いつも今の僕にできるベストで行こう、
そう僕に言ってるから、僕も例えそれが周りから
見たらバカだなと思われても、無駄だなと見えても、
まだまだ不十分だよと言われても、今の僕にできる
ことからコツコツやっていこうって思うんだよね。

そんな風に毎日を歩いてきたからこそ、僕は僕で
よかった、そして僕だから出来ることだってあるんだ
って思えるように今なっているのだから。

これからも、僕はいつでもI do my best.
そうしよう、じゃなくて、結局気付いたらそうなってる。
無意識にI do my bestで走ってしまってる僕に
気付いた時、これが一番僕らしいや、そんな風に
| あっき。 | あっき’sコラム | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |



atsukii1978をフォローしましょう



塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

にほんブログ村 教育ブログへ
QR-CODE
qrcode
RSS1.0 ATOM0.3
みんなのブログポータル JUGEM
paperboy&co.

このページの先頭へ