あっきのおしごとにっき。(北海道・札幌の学習塾AEP代表ブログ)

北海道内全域を対象にした学習塾、A EDUCATION PROJECT<エイ エデュケイション プロジェクト(AEP)>代表あっきのブログ。
塾の案内・北海道の教育ニュースから、この生まれ育った、大好きな北海道のいいところを紹介したり、僕自身の教育観を語ったり・・・
いろいろ盛りだくさんのブログです。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ブログ移転のお知らせ
 こんにちは、AEPの能正です。

この度ブログを以下のサイトに移転いたしました。

http://weblog.a-education-project.com/

ぜひ上記HPもご覧ください。

またAEPの最新情報をTwitterでも配信しています。

@AEP_infomation


今後は上記サイトにて更新させて頂きます。
ブックマーク登録をして頂いている方にはお手数を
おかけいたしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
| あっき。 | - | 16:11 | - | - |
茨城乳業 生クリームスイートポテトを試食しました☆

 さて、今回は茨城乳業さんの商品を試食させてもらいました〜☆

今回試食させて頂いたのは、鉾田産のさつまいも『紅あずま』を
たっぷり使用したデザート、『生クリームスイートポテト』。



いや〜、このスイートポテト、まずストレートに感想を言うとほんとに
うまい!

優しいさつまいもの甘みがたっぷり。人工的な甘さではなくて、
自然の甘みだからとにかくどんどん進んでしまう。そこに生クリーム
で作られたソースがさらに滑らかな口当たりと、ミルクのほのかな
香りを加えて余韻を楽しむことができるデサート。



↑ 表面の生クリームソースはほんとに柔らかくて滑らか。
  生クリームソースは『NAKAZAWA』のフレッシュクリームを使用。
  おいももクリームもこだわりの茨城食材で作られた一品ととのこと。




↑ サイズはよく市販されているプリンのサイズで90グラム。



↑ 生クリームソースの下にはさつまいものスイートポテトが☆


外はパリっ、中はしっとりというよくあるスイートポテトの食感はない
んだげども、スイートボテトで味わうことのできる素朴なんだけど何だか
優しい甘み、この甘みをさらに引き出してデザートにしました、という一品。

スイートポテトも非常にキメが細やかで口の中で溶けていく、って食感
なんだけど、生クリームソースがその食感にさらに滑らかさとミルクの
甘みを加えていて、何だか自然と笑顔になっちゃう、とっても食感も
香りも自然な甘みも素晴らしい一品ですね〜。確かに今までスイート
ポテトのカップデザートって食べたことがなかったんだけど、また新しい
さつまいもの楽しみ方が増えたって思える一品。

レアスイートポテト、とでも表現するといいかなぁ、またみんなが想像
する食感とは違う新しい食感が楽しめる一品。クラッカーの上にのせて
おしゃれにパーティーメニューに加えてみたりするのもいいかも。
サクサクの食感とこのとろける食感はきっと絶妙にマッチングすると思うなぁ。


実はその他にも期間限定商品を2つ試食させて頂きました。

まずはこちらもメロンの生産量日本一を誇る鉾田市のメロンをピューレ
にして卵白のみを使ったプリンとあわせたメロンプリン。

メロンピューレが下半分の層、その上にピューレの香りを閉じ込める
ように滑らかな口溶けのクリームプリン。

メロンピューレはとにかくメロンの香りが口の中いっぱいに広がる。
そしてこのメロンの香りを引き立てるクリームプリン。きっとどちらも
別々にしてもおいしんだろうけれど、一緒にすることでさらに甘さと
香りを引き立てあっているという感じで。この二層構造の商品は
メロンそのものの食感も味わえてなかなかいいですね。今まで
味わったことがないのでちょっと新鮮。ただ、もうちょっと果肉が
しっかりと果肉感が味わえると嬉しいなぁ〜というのが感想で。
でも、是非また来年もさらにもっとおいしいメロンプリンを生み出して
欲しいですね〜。

そしてもうひとつがメロンミルク。
茨城県産の生乳に、メロンピューレを加えた一品。
こちらはメロンピューレの香りが牛乳ととってもマッチしていて
ミルクジュースという雰囲気。姪っ子がジュースといって喜んで
一気に飲んでいました。自然な甘みを生かすために、アンフュージョン
製法という、果実を飲み物に浸し、果実のおいしさや香りをじっくり
抽出する製法が用いられているそうで、確かに牛乳に混ぜました
という感じは全くなくて、本当にメロンの甘みを包み込んだ一品に
なっていました。こういう牛乳を口にすると、牛乳嫌いの子供さんも
自然と克服できるようになるかもしれませんね〜。


茨城乳業さんの製品。
今回試食させて頂いたけれど、地元の素材の自然の甘みを生かした
製品作りが素晴らしいなぁと感じた一品揃い。普段は北海道産の乳製品
をこよなく愛している僕なのですが、こちらはまた購入して食べたいですね〜。


さてこちらの商品をはじめ、茨城のこだわり商品を販売しているのは
こちら。

茨城のこだわり特産品通販ショップ おいしいねいばらぎ
http://www.oiba.jp/ 

生クリームスイートポテトは1度食べてみる価値ありですよん。

| あっき。 | - | 22:05 | comments(15) | - |
元気カフェ
201009301516000.jpg


札幌市役所の一階ロビーにオープンした宮田屋珈琲の運営する元気カフェ。

品の良い、おしゃれな木製のテーブル席が気に入りました。

宮田屋珈琲が250円から味わえるリーズナブルさ。

ちょっとした打ち合わせとかにも利用できそうかな…というか僕の今の回りはそんな感じです。

こちらの元気カフェ、障害のある方が働くカフェ。生き生きと一生懸命働く姿が印象的でした。
| あっき。 | - | 15:39 | comments(0) | - |
AEPは随時体験学習受付中です。
JUGEMテーマ:学問・学校

北海道も9月前半の暑さがウソのような、
涼しさを通り越して寒い日が続いていますね。

塾に通ってくる生徒達もみんな『いやぁ、暑い』と
コンビニで買った冷たいドリンクを手に来ていたのに
今は寒いから肉まん買ってきた〜とあっという間に
選手が交代してしまっています。


さて、A EDUCATION PROJECTでは現在随時
生徒を募集しております。各コース共に体験学習を
受講することが可能です。


〜AEP教室コース(個別指導)〜

札幌市北区麻生にある教室で個別指導で受講するコース。
最大3時間まで体験授業を受講することができます。
1回60分授業(小学生は30分授業も可、また中学生・高校生
は1教科90分コースでの受講も可能です。)で3時間の
体験学習を受講してAEPの指導を体験してからその後の
学習を是非検討してみてください。


〜AEPネット塾コース(ネット家庭教師)〜

札幌市北区の本部と生徒の皆さんの自宅をつないで
テレビ会議システムを利用してマンツーマン授業を行うコース。
ネット塾では突然予定が・・・という時でも直前の授業変更も
可能です(授業変更は何回でも可能です。)ので、部活や他の
習い事のスケジュールに合わせて学習が進められます。
また自宅から受講できるので、最大深夜1時まで授業が
受講できます。ですので学校からの帰りが遅くて塾に通ったり
家庭教師は難しい・・・と考えていた方でも、それぞれの都合に
合わせて学習が進められます。AEPネット塾はブロードバンド
回線が利用できるご家庭で、Windows XP以降のOSを搭載
しているパソコンをお持ちであれば受講できます。

AEPネット塾コースも体験指導は3時間まで受講可能です。
是非この機会に試してみませんか?


AEPでは入会金や基本料金はありません。
詳細はA EDUCATION PROJECT(AEP)公式HP
各コースについてご覧下さい。
 
また後程AEPネット塾を試してみたいけれど、ちょっと
ネットだけでは不安・・・というご家庭向けの新しい体験コース
をご紹介致します。


北海道、札幌で家庭教師を探している方なら・・・
AEPネット塾コースを体験してみませんか?

2003年スタートの『AEPネット塾』只今体験募集中!!

| あっき。 | A EDUCATION PROJECT | 06:11 | comments(0) | - |
心に響いた言葉。
高校生の 生徒が読んでいて心に響いたという言葉。
授業の時に教えてもらったのですが僕も心に響きまして、
色々と考えてしまいました、というよりは今もその言葉が
響いて色々と考え続けている状態です。

君はなんでそんなに幸せな環境にいるのに、
やりたい事をやらないんだ?


自分は恵まれている。
幸せな環境にあるじゃないか。
そう思えるほど、周りを見渡すことができる。

それだけでも、広い視野を持って
物事を感じていると思う。

その幸せな環境で一体自分のやりたいことは何だろう、
それをしっかりと具体化するためにこんなことを学びたい、
こんなことを体験したい。そういう具体的な目標を持って
大学進学を選んでいく生徒の成長。ただ、ただすごいな
って思います。

もっともっと子供達にとって考えるきっかけや広げるきっかけ
となれるように、僕自身も成長していかなきゃいけない、そう
強く思う瞬間です。そう、僕だって、そんな素晴らしい成長を
遂げた若者にいつも見守ることができる、幸せな環境にいる
んですから、

生徒に教えてもらった本を僕も読んでみようと思います。
| あっき。 | ばらいてぃ。 | 05:52 | comments(0) | - |



atsukii1978をフォローしましょう



塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

にほんブログ村 教育ブログへ
QR-CODE
qrcode
RSS1.0 ATOM0.3
みんなのブログポータル JUGEM
paperboy&co.

このページの先頭へ